更年期はプラセンタで乗り切りましょう|前兆に気付いたら

婦人

特徴と田七人参

カプセル

ヘモグロビンa1cというのは、ヘモグロビンとブドウ糖が結合したものです。血液の中の血糖値の高さをあらわす指標のことです。このヘモグロビンa1cが多ければ多いほど血液中の糖分が多いということです。このヘモグロビンa1cは赤血球の中のにある物質で酸素を身体のいろいろなところに運ぶ役割を持っています。ヘモグロビンa1cの値の正常値は4%から6%の間です。6%よりも高くなると糖尿病と判断されます。ヘモグロビンa1cはあくまでも血液中の糖分をあらわしますので、これが高くなると糖尿病になるおそれがありますので、高くならないように調整しましょう。その調整方法には食事の見直しや生活習慣の改善が必要になります。

ヘモグロビンa1cの値を下げる効果を持っている食品にはどのようなものがあるかというと、田七人参があります。田七人参を原料としているサプリメントや食品を食べると効果的に下げることができます。田七人参は古来から中国において薬として用いられてきた歴史があり、漢方にもよく使用されている植物です。その理由は成分にあります。田七人参の成分として挙げられるものはサポニンとビタミンB1などがあります。このサポニンは血液をサラサラにしたり血行不良を改善する働きがありますが、インスリンと同じような役割も担ってくれます。インスリンは血糖値の上昇を抑制してくれます。したがって、田七人参を摂取するとヘモグロビンa1cが下がります。